みなさん、ながらくごぶさたいたしておりました。

じつは先日、とってもかわいくていつまでも少女のようだけれど
すっかり素敵な女性になった歳下のお友だちに美術館でばったり!
約束はしなくても、彼女とはよく、いろいろなところで出会うことができる
ご縁のあるお友だち。

「最近、コパンブログ更新されてませんけど、コパンちゃん、だいじょうぶですか?」

とまっすぐなしつもん。

気にして見ていてくれて、ありがとう。
更新していなくて、ごめんなさい。


まず、コパン元気に頑張っています!

b0177078_09491746.jpg
みなさん、コパンデスょ。約3ヶ月ぶりに、自分でなんとか、このわたチのベッドにのぼれたデスょ!
ティティさんも、トラちゃんも、めちゃくちゃビックリ☆してたデス!


前回のブログがコパンのうちのこ記念日の7月7日。
じつは、6月の20日頃から食が落ち、体調を崩していました。
前回のブログも自分の気持ちをあげながら書いていました。

この夏はみなさんも体感された猛暑が襲い、
コパンはほとんど歩けなくなってしまい、
食べることもできず、
最もひどいときは、トイレにいくこともできず
ペット用シーツの上で毎日をすごしていました。

病院へ行く途中の車が暑かったこともあり(もちろんクーラーで車中をできるだけ冷やしていました)
車中で熱中症になってしまったこともあり病院で意識を失ったり、
又あるときは角膜をひどく傷つけてしまい、それでも目薬をさしても痛みさえまったく感じなかったり。。。

ピークは8月に入ってからの2週間。
私がどうしてもはずせない出張で家をあけ
TTがつきっきりで介護。
ほんとうのところ、いてもたってもいられずに、
2回程最終の新幹線で家にもどり、朝一番の新幹線で出張先へとむかうこともありました。
本当にとても危ない状態でした。


コパンがよくなるための「コパンの記録」として
今年の1月、脳腫瘍と腎臓の疾患がみつかり倒れてから
ごはんの量や水の量、さまざまな事を書き留めてきましたが
この状態を、リアルタイムで記録することは、
御覧になるみなさんにもとても心配をかけてしまうと思い、
ブログを中断していました。



いまのコパンちゃん、
奇跡が起こりました。
ご尽力いただいた侍先生の的確な処置のおかげです。
がんばって一緒に介護をしてくれたTTのおかげです。

そして何より、コパンの生命力に、心から感謝をしています。


まだ通院はしており
侍先生からも「一喜一憂してはいけない」と言われています。

それでも神様から
コパンと一緒にいられる時間をまたプレゼントしていただいた!
今はうれしい気持ちでいっぱいです!


これからまた、無理なくコパンちゃんをアップしてゆきたいと思います。
何かコパンのような病状の猫ちゃんたちのお役にたてる情報が少しでもかければとも
思います。
更新もしていないのに
見に来てくださっていたみなさん、ありがとうございます。

これからも、どうぞコパンちゃんを見守ってくださいね!


コパン
トラ☆ロック
TT


[コパンちゃん記録]
9月20日(木)
○ごはん 朝13g 夜9g
○水   100cc
○トイレ ◎
○病院  点滴、プラセンタ
○体重  2.59kg
○お薬  ラプロス朝夕1錠 プロナミド朝夕1錠

9月21日(金)
○ごはん 朝5g

















15年前の7月7日
私はちいさなコパンと出会いました。

まだ生まれて1ヶ月ちょっとのちいさな仔猫。
きれいなお母さんと、お姉ちゃんと一緒にいました。
コパンちゃんは、静かなお母さんとお姉ちゃんと違いとってもおてんば。
一目みて、私はコパンに惹かれました。

ケーキの箱にいれてもらい、一緒におうちに帰ったコパン。
ソファのうしろに隠れてしまったコパン。
おてんばさんは2時間ぐらいするとチョコチョコとでてきて
それからはずっとずっと一緒です。

きのうは天の川のチーズケーキのタルトをほんのすこしだけたべて
お祝いを177.png


b0177078_13582189.jpg
7月にはいり体調はとてもよくなり食欲満々だったのですが
4日の夜にTTがクーラーの温度を下げたまま寝てしまったため
下痢と食欲不振に。
今朝も2gしかごはんを食べなかったので病院へ。


熱はなく、体重も2.88kgをキープ!よかった〜。
ただ下痢のため水分不足で体がすこししぼんでしまったみたい。
点滴をしてもらい帰ってきました。
「こんなちいさなことが命取りになるからと伝えておいてね」と侍先生。


b0177078_13580906.jpg
ん〜、本調子じゅないけれど、ダイジョブデスょ!七夕はボーイフレンドもキタみたいデス


そうそう、七夕の小雨のなか
ボスっぽい大きな体の猫君がコパンちゃんに会いにきました。
残念ながら、足しか写っていませんが119.png
(紫陽花の花の下あたり)

b0177078_14105251.jpg
私に気づくとそそくさと逃げてゆきました。

コパンちゃん、15歳になってもボーイフレンドがいるなんてたいしたものネ。
おねえちゃんもあなたを見習って、可愛らしく歳を重ねていきたいな。

体調不良をまた治し、これからやってくる暑い夏を元気に乗り切ってゆきましょうね。
これからもよろしくね、わたしたちのコパンちゃん。



[コパンちゃん覚書]
○ごはんの量

       朝     夜
7月 1日  12g   17g
7月 2日   7g   18g 侍病院 2.88kg
3日  17g   20g
   4日  20g   20g (4日22時から5日6時クーラーが寒かった)
   5日  18g   18g
   6日   2g   18g (朝1g食べて吐く。夕方ひどい下痢。その後ごはんを食べる)
   7日   8g   13g (う○ち ◎)
   8日   5g

○8日点滴と注射
○8日2.88kg






b0177078_23552635.jpg
もう、あついデスねぇ。わたチ、早々に夏バテしちゃったデスょ。もうダイジョブだけどね!


夜と昼との温度差で食欲不振になってしまったコパンちゃんですが
2度のカリウムの点滴のおかげで、元気になってくれました。
食欲も、なんとか頑張って完食してくれ、ホッとしています。

それでも昼と夜との温度差には気を遣い、
私も夜中3時か4時にはしぜんと目が覚め
コパンの様子をチェック!
きもちよさそ〜に眠っているコパンをみつけると
わたしも安心してまた眠りにつくことができます。

暑さ、寒さは人間も特に体力のない方たちにはたいへんかと思います。
がんばってこの暑さをのりきりましょう^^


[コパンちゃん覚書]
25日(月)朝15g 夜20g  点滴 体重 2.82kg
26日(火)朝20g 夜20g  点滴  体重 2.93kg
27日(水)朝20g 夜18g

○ラプロス・ガスモチン2錠ずつ
○う○ち 良好










コパンちゃんのおめめはアーモンド型。
おめめの色はイタリアでみた海の色。

ずっとずっと眺めていたい
ずっとずっと抱っこしていたい
コパンちゃん♡

ずっとずっと一緒だょ。


b0177078_00011697.jpg
イタリアの海って、こんな色なんデスか???


みなさん、お元気ですか?
なんだかこの写真をみていたら
思わず子供みたいな文章がでてきちゃいました110.png

このところのコパンちゃん。
10日に1度の注射が近ずくといつも食欲がほんのすこし落ちるのですが(効果が薄れる?)
木曜日の夜から食欲がおちていて
金曜日は1日40gのところ12gしか食べませんでしたが、
なんとか本日は34gと温キャベツをすこし食べてくれました!
よかった、よかった。
多分暑さが原因だと思います。

先日も室温調節の難しさを書きましたが、
クーラーを設定温度30度でつけてもすぐに室温がぐぐっと下がってしまい(いかに部屋が狭いのか!)
困ってしまいます。

私かTTがおうちにいる時は窓を開けたり、クーラーをつけたりするのでいいのですが、
問題は2人が留守にするとき。

みなさん、どうされているか、また教えてくださいね。


それでは、みなさんの猫ちゃんも、健康でありますように!


[コパンちゃん覚書]
○体重 2.93kg (6月22日侍病院)
○ごはん 22日 朝 0g 夜12g
     23日 朝 0g 夜21g
     24日 朝14g 夜20g
○お薬  ラプロス2錠
     ガスモチン2錠
○う○ち 良好
○お水  約200cc









蒸し暑かったり、肌寒かったり、
みなさん、そしてみなさんのねこちゃんたちもお元気にしていますか?


コパンは、と言いますと、
実は先々週の水曜日の雨の日、
「蒸し暑いから窓をすこしあけておいてあげましょ」
と、防犯上に危なくない窓だけをできるだけ開けて仕事にでました。
夜7時頃、さぁ、そろそろ仕事を片付け,,,,,,,
と思ったとき、ん?足先が冷たい、ん?寒い!!!
仕事に熱中しすぎて寒い事に気がつかずにいた私。
「コパン!!!!!」

もう、そこからは高速道路を使って家へ走り、ドアを開けて、
「コパンちゃん!!!!寒かった!!!!」

お部屋はとても寒くて、私はコパンを抱いて、ごめんね、ごめんね、
と謝りました。
翌日、朝ごはんを完食。ああ、大丈夫かな?と思いつつ心配で
1日そばにいると、なんだか夜にむかうにつれ、元気がなくなるコパン。
夕ごはんを半分残し、翌朝ごはんは一切食べず。


病院の扉があくと同時に飛び込みました。


コパンを触ったとたんに
「熱があるじゃやない!!!」と侍先生。
体温39.3度。
順調に2.86kgまでに増えていた体重は2.71kgに。
一昨日の室温が低かったことを先生に話をしました。


「15歳、平均寿命を超えて、この子は腎臓も悪く、脳腫瘍もある。
こんなに小さい子なのだから、室温が暑い時と寒い時の差が4度以上もあればそれは大変なこと。
たったこれだけのことが命とりにもなりかねない。
こんな季節は室温調節が大変なのもわかるけれど、
とにかく気をぬかず、室温、気をつけて。寒いときには暖房もいるよ。」

と淡々と、そして優しく説明をしてくださいました。
点滴をうって、いつものお注射を2本。
今日はもうごはんを食べなくても、お水をのまなくても大丈夫とのこと。
とにかく、ゆっくりさせること。


b0177078_16082933.jpg
きょうはお部屋あったか〜。なんだかよぉ〜く眠れるデスょ。くぴ〜142.png


その夜はうとうとうとうと眠ったコパン。
翌朝は………
ごはん、完食!
とにかく、とにかく1日の中でも室温差がなるべくないよう
窓をこまめに開けたり、締めたり。
温かなラグマットも押し入れから再度とりだし、
肌寒い日は冬のときのように白湯にして。


いまはまたとっても元気になりました!
きょうの侍病院では、なんと体重2.90kg!!!
今迄通りの注射に戻りましたょ。



もともとあまり体の強い猫さんではありませんでしたが
15歳をこえてもこうしてそばにいてくれるコパンちゃん。
わたしやTTにできることは、できるだけしてあげたいとおもいます。


[コパンちゃん覚書]6/11
◎体重2.90kg
◎ごはん 20gx2
◎水   白湯(肌寒い朝0
◎う○ち ◎
◎薬   ラプロス2錠、ガスモチン2錠
◎注射  2